栃木 県 学校 休校。 栃木県小学校の廃校一覧

栃木県シルバー大学校−お知らせ・募集

栃木 県 学校 休校

鹿沼市立西大芦中学校(1971年西中へ統合され西大芦教室となり、1972年廃止) 日光市 [ ]• 大田原市立福原小学校(2020年へ統合)• 矢板市立長井小学校(2009年へ統合)• 藤田祐子 2015年4月1日. 上三川町立本郷小学校北分校(1982年として独立) 芳賀郡 [ ]• 茂木町立山内小学校(2003年中川小へ統合)• 粟野町立粟野第三小学校 1992年粟野第二小へ統合)• 馬頭町立矢又小学校(2001年馬頭小へ統合)• 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の休校要請を受け、小中学校の臨時休校を決めていた栃木県茂木(もてぎ)町が方針を撤回し、通常通り授業を実施することを決めた。 家庭での協力をお願いします 【家庭での過ごし方】 ・不要不急な外出の自粛 ・毎朝の検温 ・手洗い ・外出時のマスクの着用 ・こまめな室内の換気 ・規則正しい生活で健康管理 ・咳エチケットの実践 【家庭学習について】 ・お子様がご家庭などで家庭学習を行う場合には、このwebウェブサイトを参考にしてください。 茂木町立逆川小学校〈旧〉(1987年統合により〈新〉へ)• (2014年寺尾南小と統合しへ)• 県北で感染者が出た場合は学童保育も含め休止する。 会議後に記者会見した福田富一(ふくだとみかず)知事は、県内4市町が出した独自の非常事態宣言などに触れ、「県内に危機感が広がっていることを踏まえ、児童生徒の安全・安心に最大限配慮した」と述べた。 塩谷町立船生西小学校(同上)• 塩谷町立大宮中学校(同上) 那須郡 [ ]• お知らせ・募集 栃木県シルバー大学校は、創立 40周年記念事業として、令和2年3月 13日(金)に記念式典を行うとともに、シルバー大学校講師への感謝状贈呈や地域活動団体への表彰状の贈呈等を行うほか、作家の童門冬二先生の講演などを一般公開により行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、やむを得ず中止としました。

次の

栃木県小学校の廃校一覧

栃木 県 学校 休校

芳賀町は学級を二つに分け、それぞれ5日間の分散登校日を設ける。 石橋町立上古山小学校(1969年下古山小と統合し〈当時:石橋町立〉へ)• 那須塩原市立塩原中学校(2017年那須塩原市立塩原小学校と統合しへ) さくら市 [ ]• 市貝町立市貝中央小学校刈生田分校(1972年)• 都賀町立大柿小学校(1980年赤津小大柿分校となり、1983年廃校)• (6月5日時点) なお、今後の状況により変更することがあります。 日光市、矢板市、さくら市、那須烏山市、塩谷町は13日から休校。 足利市立毛野小学校大久保分校(2004年) 栃木市 [ ]• 坂西町立小俣中学校(1962年坂西中新設のため廃校)• 葛生町立氷室中学校(1971年常盤中〈旧〉と統合し常盤中〈新〉へ) 鹿沼市 [ ]•。 西方村立西方小学校金崎分校(1966年)• 壬生町立北小学校(1960年5月31日南犬飼小国谷分校と統合しへ)• 6月5日• 那須烏山市は11~13日の3日間、登校日を設けた。 茂木町立坂井小学校(同上)• 保護者や学校、議員にも意見を聞いて判断したという。

次の

栃木県茂木町、休校を撤回 「健康面でも学校が最適」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

栃木 県 学校 休校

夏休み短縮について、荒川政利(あらかわまさとし)県教育長は「現実的に短縮は避けられない。 南那須町立曲畑小学校(同上)• 日光市立小来川小学校滝ヶ原分校(1963年)• 真岡市、益子町、芳賀町も11日から休校。 那須町立田代小学校(2014年室野井小と統合しへ)• 那須町立成沢小学校(1974年黒田原小〈旧〉へ統合)• (関根光夫). 県教委は式典について「来賓や在校生などの出席者を絞り、卒業証書も一人ずつ手渡さないなどの工夫で感染リスクを最小限に抑え、実施してもらいたい」と通知している。 都賀町立富張小学校(1980年木村小と統合し〈当時:都賀町立〉へ)• 一方、30日は足利、佐野、鹿沼、日光、小山、矢板、上三川、市貝、壬生、野木の10市町が、小中学校の休校期間を5月末まで再延長することを決定。 那珂川町立武茂小学校(2008年へ統合)• 一方、市町立の小中学校に関しては、各市町教委が実情に応じて休校の可否や期間を判断する。 南那須町立熊田小学校(同上)• 鹿沼市立石裂小学校(1964年へ統合)• 喜連川町立喜連川小学校早乙女分校(1963年)• 栗山村立栗山小学校上栗山分校 (廃校時期不明)• その後、週2、3回程度に増やしていく。

次の

栃木県、全県立学校を2日から休校 卒業式は実施へ

栃木 県 学校 休校

茂木町立木幡小学校(2006年茂木小と逆川小へ分割統合)• 益子町立田野小学校東田井分校(1987年)• 粟野町立永野第二小学校(1972年永野第一小と統合し永野小へ)• 南那須町立森田小学校(同上)• さくら市立河戸小学校(同上)• 学習状況の確認やプリント配布のため、学級を2つに分けて登校日を週1回設ける。 小中の卒業式は予定通り9日に実施する。 大田原市立佐久山中学校(2018年へ統合) 矢板市 [ ]• 足利市立三和小学校(2000年松田小と統合し坂西北小へ)• 烏山町立小木須小学校(1990年大木須小と統合し東小へ)• 休校延長に伴い、県立学校の学習課題提供のため、情報通信技術(ICT)を利用。 学童保育は共働きなどの家庭のため、春休み中と同様に開所する動きが目立つ。 足利市立三重中学校(1959年新設のため廃校)• 今市市立吉沢小学校(1973年〈当時:今市市立〉開校に伴い廃校)• 大田原市立川西小学校〈旧〉(2013年統合により〈新〉へ)• 真岡市立山前南小学校(2018年へ統合)• 新型コロナウイルス対策として政府が全小中高校の休校を要請したことをうけ、栃木県教育委員会は28日、高校をはじめとする全県立学校に3月2日から春休みまで休校とするよう通知した。

次の

休校要請、判断分かれた栃木県内25市町 感染防止か、働く親配慮か(1/2ページ)

栃木 県 学校 休校

栃木市立栃木第一小学校(2010年栃木二小と統合しへ)• 田沼町立長谷場小学校(1984年作原小と統合し野上小へ)• 2 応募方法 入学願書に必要事項を記入し次のとおり提出してください。 茂木町立須藤中学校(2010年へ統合)• 今市市立瀬尾小学校(1958年今市市立今市小学校分校〈現:〉開校に伴い廃校)• 那須町立高久中学校(2015年那須中〈旧〉と統合し那須中〈新〉へ)• 5月末までとした期限については、先行して休校延長を発表していた市町に合わせたという。 町長をはじめ、よく決断したなと思う。 特に、そば打ちクラブの手打ちそばや茶道クラブの抹茶は例年通り大盛況でした。 那須町立池田小学校(2014年大沢小と統合しへ)• 鹿沼市立粟野第二小学校(2011年粟野第一小〈現:〉へ統合)• 佐野市立船津川小学校(2017年へ統合)• 進路指導が必要な最終学年の児童生徒の学習時間を確保するように配慮する。 塩谷町立船生中学校(同上)• 仮に感染者出たら休校にして消毒するほうが効率的な気がする。 塩谷町立上沢小学校(1978年)• 宇都宮市立富屋中学校(1970年篠井中と統合し晃陽中へ) 足利市 [ ]• 2日には、県立高校の卒業式が全日制59校・定時制7校で予定されている。

次の

栃木県小学校の廃校一覧

栃木 県 学校 休校

本市では、 臨時休業期間を 5月31日(日曜日)まで再延長することとしました。 学校によって対応は異なるが、大規模な小学校の場合、低・中・高学年と3日間に分散させて実施する。 矢板町立矢板小学校片俣分教場(1949年矢板町立片俣小学校〈現:〉として独立) 那須塩原市 [ ]• 足利市立千歳小学校(2000年東小の一部と統合し桜小へ)• 宇都宮市立中央小学校針ヶ谷分校(1969年)• 上河内村立今里小学校(1967年中里小と統合し西小へ)• 児童生徒を複数のグループに分けた上、時間を限って登校させる。 5、6日の県立高校入試は予定通り実施する。 県教育委員会が5日に示した県立学校の指針によると、31日まで延長された休校期間に変更はないが、指導体制が整った学校から再開に向けた取り組みを始めていく。

次の