ベートーベン 交響曲 6番。 Clala

フリッツ・ライナー/ベートーヴェン:交響曲第1・5・6・7・9番、「フィデリオ」序曲、「コリオラン」序曲(2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>

ベートーベン 交響曲 6番

Kaga 第8位 10点 ブラームス 交響曲第3番 1964 国内盤SRCR9854 輸入盤SBK47652 他 ブラームス交響曲第3番は、私がセルにのめりこむきっかけになった演奏です。 fujioka-sachio. 演奏時間としては中程度ながら、刻みのリズムが速めなので聴感上は中やや速となる。 また、各楽章についても次のような標題が付されている。 総合的にシュミット=イッセルシュテット盤と並ぶ特薦盤となった。 二楽章、この楽章でも美しいクラリネットがくっきりと浮かび上がります。 これはホールの影響なのだろうか。 トリオに入ってからは厚みのある響きで2拍子をしっかりと刻みます。

次の

ジョージ・セル名演BEST10

ベートーベン 交響曲 6番

再現部からコーダにかけて更に白熱し盛り上がる。 4—5. そして上記の Sotto voce の部分ではぐっとテンポが落ち、感謝は宗教的な感情に昇華して最高に感動的なエンディングを迎えるのです。 『Leon Levy Digital Archives』(公式)より• 眠りそうなティンパニ奏者を横目に見ながら・・・ 間違いなく、ベートーヴェンの全作品の中でも、最も感動する曲の一つです。 第2楽章が名演であるが、全体の評価としては悪くはないが推薦にはならないというところ。 二楽章、テンポが速いので、落ち着きがありません。 どうしても、ロシアの凍てつく大地を連想させてしまう。 三楽章、トリオからぐんとテンポを上げて躍動感のある演奏になりました。

次の

ベートーヴェン交響曲第5番「運命」を解説!誰もが聞いたことのある名曲を改めてもう一度

ベートーベン 交響曲 6番

副主題(第2主題)はハ長調で第1ヴァイオリンに示され、第1楽章の第1主題との関連がある。 未完成交響曲の稿で僕はシューベルトの直面したと思われる同じ問題を論じました()。 やはり1楽章が1番難しいのでは。 安心して音楽に身をゆだねることができます。 第4楽章は前半の燃焼度がやや不足するものの楽章全体としては問題ない。 1—2. 激しいティンパニやトランペット。 1953 VPO MunichDutchMusium Bavarian Radio Beethoven Sym. おそらく弦楽器の人の腕もヘトヘトだと思います。

次の

フリッツ・ライナー/ベートーヴェン:交響曲第1・5・6・7・9番、「フィデリオ」序曲、「コリオラン」序曲(2018年 DSDリマスター)<完全生産限定盤>

ベートーベン 交響曲 6番

第2楽章 Allegretto scherzando 4分の2拍子 展開部を欠くソナタ形式。 第3楽章のリズムはエッジがありダンスになっています。 西ドイツに残されたマグネットフォン録音から比較的早い時期にDGがリリースしていたものである。 古典的な印象を受けるが、第2主題が6度の平行長調であるニ長調を通り、かつワルツ調に提示されるなど、工夫が見られる。 ここに収録された「運命」「田園」でもヤノフスキの持ち味が十分に発揮された快演で、推進力のある演奏の中にヤノフスキでしか引き出すことのできない美しい旋律を際立たせた演奏が印象的です。 美しさや優しさはあまり感じられず、この楽章にしてはかなり劇的な演奏となっている。 嵐のティンパニを効かした堀りの深いインパクトがあってこそ湧き起る神への感謝の深々とした味わい。

次の

交響曲第8番 (ベートーヴェン)

ベートーベン 交響曲 6番

五楽章、明瞭に演奏される主要主題。 Victoria Symphony公式YouTube。 堅牢で規模の大きな建造物を思わせる演奏。 かなり個性的な演奏と言えるがこれはこれで魅力があると思う。 減速自体はさほど行っていない。

次の

ベートーヴェン:交響曲第6番《田園》

ベートーベン 交響曲 6番

これがとても活き活きした印象を受けます。 ふくよかで繊細な響きがとても美しい。 また弦楽器の音色は不思議で、とくに高価な楽器でもなく、団員の自前の楽器ではなく楽団の備品の楽器なのだそうです。 27-30 June 1943 BPO Philharmony without audience DRA 5500557 Beethoven:Sym. ピリオドのような軽薄さがないのだ。 際立ったクオリティを持つライナーのベートーヴェン。

次の